静岡県にてお片付けからお墓サービス、リフォームまで、さまざまなご相談を承っております、すまいるくらぶ静岡です。 今回は、ご実家の遺品整理、お宅のお片付けの実例のご案内です。

 

ご実家のお父様が亡くなられた方からのご相談です。このお客様は、佐野石材にお父様の戒名の追加彫刻をご依頼くださったのですが、「父が亡くなったので、賃貸の実家を引き渡さないといけないのですが、かなり荷物がある状態で、どう片づけをすればいいのか…」と、お悩みでした。そこで、すまいるくらぶ静岡のお話をさせていただいたところ、ご依頼いただくことになりました。

「手紙や書類、通帳や印鑑などもどこにあるのかわからない」ということや、「大切な物は処分せずに取っておきたいので、整理をしてほしい」というご要望をいただきました。

さっそく、お見積りをさせていただき、お片付けに伺いました!

作業前のお写真です。戸棚の中はにも荷物がいっぱいです。

 

段ボールや衣服類、寝具など、さまざまな荷物が天井に届きそうな程に積み上げられています。

 

ケースの上にケース、段ボールの上に段ボール…という状態です。すまいるくらぶ静岡では、ご実家の遺品整理のご依頼を頂くことが多々ありますが、お伺いしてみると、どのお宅も同じように、荷物の上に荷物…と、どんどん背の高い状態になっていることが多いです。ご高齢になればなるほど、手の届く範囲に荷物を置いていく、ということが増えるようです。 「どこに置いたか分からなくなるから、目に見えるところに置いておきたい」という気持ちが強くあるのだと思います。

 

通帳や印鑑など大切な書類などが混ざっていないか、確認をしながら仕分けていきます。

 

着物が入っている箪笥です。

 

布類は布類でまとめた方が処分費が安くなりますので、仕分けをしていきます。状態の良い物は、残したいかどうか確認していただけるよう、おまとめしておきます。 箪笥は金属部分を分解し、木として処分することで、処分費を抑えることができます。

 

作業が進み、戸棚の中はこのように綺麗になりました!

 

お手紙類や大切な書類等も見つけ出し、お客様にお見せできるよう別にしておきます。

 

仕分けが完了しました! 供養が必要な物(人形、仏壇、想い出の品…など、ご依頼主により変わります。)や、お客様にお見せするもの等はこのように段ボールに入れて整理して並べておきます。

 

お荷物がこのように片付き、お宅の引き渡しをできる状態になりました。

お客様には「引き渡しの期限が決まっていたので、あまり長く時間をかけることができず、あのたくさんの荷物をどうすればいいのか困っていました。子どもの頃に過ごした実家が無くなってしまうのは寂しいですが、無事に片付けをすることができ、ホッとしました。」と、お声をいただきました。

ご実家の遺品整理で、物が多いお宅の場合、皆様が良くおっしゃられることは「どこから手を付けて良いかわからない」ということです。段取りや処分方法など、対象の物によって変わってきますので、遺されたご家族だけで作業をするには、時間がとても必要になります。ゆっくりと片付けられる方は良いですが、今回のお客様のようにお時間がない方も多いのではないでしょうか。

すまいるくらぶ静岡では、ただ “荷物を処分する”ということではなく、ご依頼くださったお客様のお気持ちや、住まれていた方のことを思い、供養のお気持ちでお片付けをさせていただいています。それは、お墓のお仕事をさせていただいている佐野石材だからこそなのではないかと思います。

ご実家の遺品整理など、どうしてよいかお困りの方は、すまいるくらぶ静岡まで、ぜひお気軽にご相談ください。